大相撲横綱 似顔絵図鑑大相撲横綱一覧(50代以降) > 佐田の山晋松(さだのやましんまつ)50代

佐田の山晋松(さだのやましんまつ)50代

佐田の山は、1938年2月18日生まれ、
長崎県南松浦郡有川町(現新上五島町)出身の第50代横綱です。

本名、は市川(旧姓佐々田)晋松、現役時の身長は182cm。
一時期佐田乃山、佐田ノ山を名乗っていました。

スポンサードリンク

昭和31年1月、五ツ嶌と同じ出羽海部屋に入門、
昭和35年3月場所で新十両、昭和36年1月新入幕し、5月には優勝。

昭和37年3月関脇で13勝2敗、
大鵬との決定戦に勝って2度目の優勝、大関となります。

昭和39年9月から3場所連続13勝2敗、
昭和40年1月には3度目の優勝で、横綱に推挙されました。

ところが、昭和43年3月に序盤で3敗を喫するとあっさり引退。

前場所、前々場所と悲願の連覇を達成した直後だったため周囲は驚き、
髙見山に金星を献上したことが悔しかったのではという憶測まで流れました。

しかし佐田の山は、前年3月に、かつて弟弟子だった、
北の冨士が初優勝した時点で引退を考えていたとのことでした。

出羽海一門の横綱、大関に見られる引き際の潔さという伝統を
受け継いだとも言われました。

スポンサードリンク
       

当サイトについてと免責事項

  • 大相撲横綱 似顔絵図鑑は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
2007 copyright(c) 大相撲横綱 似顔絵図鑑 All Rights Reserved.