大相撲横綱 似顔絵図鑑大相撲横綱一覧(50代以降) > 玉の海正洋(たまのうみまさひろ)51代

玉の海正洋(たまのうみまさひろ)51代

玉の海は、1944年2月5日生まれ、
愛知県宝飯郡(現在の蒲郡市)出身の第51代横綱です。

現役時の身長は177cm、血液型はAB型です。

蒲郡市立蒲郡中学校在学中に玉乃海に勧誘され、
警察官を目指していたが二所ノ関部屋に入門しました。

1959年3月初土俵。

四股名は玉乃嶋で、1959年7月序二段優勝しました。

一門別から部屋別総当り制となった1965年1月場所初日に、
初対戦となった同門の横綱大鵬を破りました。

また大関昇進までに、栃ノ海、佐田の山から2つずつ金星を獲得、
1966年9月11勝4敗で大関になりました。

1968年5月に初優勝、1969年9月に2度目の優勝、
1970年1月北の富士と優勝決定戦、敗退したものの、
場所後2人揃って横綱に推挙されます。

横綱10場所の成績は130勝20敗。

1場所平均13勝2敗という恐るべき成績でしたが、
1971年10月11日午前11時30分に、虫垂炎手術後に併発した急性冠不全。

右肺動脈幹血栓症、現在の言い方では術後の肺血栓のため急死。

僅か27歳の若さでありこれからまだまだ強くなることは確実だったため、
誰もがその死を惜しみました。

       

当サイトについてと免責事項

  • 大相撲横綱 似顔絵図鑑は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
2007 copyright(c) 大相撲横綱 似顔絵図鑑 All Rights Reserved.