大相撲横綱 似顔絵図鑑大相撲横綱一覧(50代以降) > 三重ノ海剛司(みえのうみつよし)57代

三重ノ海剛司(みえのうみつよし)57代

三重ノ海(みえのうみ)57代
三重ノ海は、1948年2月4日生まれ、三重県松阪市出身の第57代横綱です。
本名は石山五郎で、血液型A、現役時の身長は181cm、体重135kgでした。

現役引退後は年寄・武蔵川として部屋を運営する傍ら、
日本相撲協会の理事に就任。

2006年2月より事業部長の要職に就いています。

スポンサードリンク

三重ノ海(みえのうみ)57代
1972年前半には長谷川・貴ノ花・輪島・魁傑、
そして三重ノ海は大関候補言われました。

肝臓が悪化し一時期幕内中位で低迷していましたが、
1978年ごろから本来の力を出し始め、
1979年春から10勝、13勝と挙げて7月場所で14勝の優勝同点。

昇進にあたり、三重ノ海は師匠の元武蔵川(出羽ノ花)から
「一簣功」(いっきのこう)という言葉を贈られます。

これは「九仞の功一簣に欠く」という故語からの引用で、
「苦労の末に晩年に横綱になったが、これで安心せずもう一花さかせてみせよ」という想いが込められたものでした。

三重ノ海はこの言葉に奮起し、
1979年11月場所と翌1980年1月場所に連続優勝を果たします。

特に1月場所は、初の全勝優勝となりました。

前褌を引いての速攻が得意で、
ときには張り差しを見せることもありました。

前捌きが非常にうまく、
馬力が強いわけでもないのに速い相撲で勝つことから
「妖気のただよう」土俵とも言われました。

スポンサードリンク
       

当サイトについてと免責事項

  • 大相撲横綱 似顔絵図鑑は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
2007 copyright(c) 大相撲横綱 似顔絵図鑑 All Rights Reserved.