大相撲横綱 似顔絵図鑑大相撲横綱一覧(50代以降) > 旭富士正也(あさひふじせいや)63代

旭富士正也(あさひふじせいや)63代

旭富士(あさひふじ)63代
旭富士は1960年7月6日生まれの第63代横綱です。

青森県西津軽郡木造町(現つがる市)出身で、
近畿大学出身、本名は杉野森正也です。

現役時の体格は身長189cm、体重143kgでした。

スポンサードリンク

旭富士(あさひふじ)63代
昭和56年1月初土俵、昭和62年9月場所後に大関昇進。

昭和63年1月、千秋楽で苦手の千代の富士に勝ち、
14勝1敗で幕内初優勝を果たしました。

平成元年には、大関の地位で1月場所から5月場所の連続3場所で40勝5敗、
優勝同点2回の好成績を収めます。

平成2年5月に14勝1敗で2度目の優勝、
そして翌7月は千秋楽で千代の富士に勝ち、
14勝1敗で3度目の優勝を連覇で果たます。

そして場所後、ようやく横綱昇進となりました。

横綱昇進後は、13勝・12勝・11勝・11勝と続き、
横綱5場所目の平成3年5月には、
前日まで全勝だった大関小錦を本割と優勝決定戦で破り、
旭富士は逆転で4度目の優勝を果たしました。

旭富士は、長身で身体が柔らかいことから懐が非常に深く、
強烈な印象を持つ決め技がないにもかかわらず、
いつの間にか勝ち星を挙げるという、
一種の天才的な力士と見る向きもありました。

引退後、現役名旭富士で5年期限の年寄を襲名。

安治川親方(元関脇陸奥嵐)が病気を理由に廃業する意向を示したことから、
引退相撲後、後継者として安治川部屋へ移籍します。

平成5年春に年寄安治川と部屋を継承し、陸奥北海らを関取に育て、
現在も後進の指導にあたっています。

スポンサードリンク
       

当サイトについてと免責事項

  • 大相撲横綱 似顔絵図鑑は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
2007 copyright(c) 大相撲横綱 似顔絵図鑑 All Rights Reserved.