大相撲横綱 似顔絵図鑑大相撲横綱一覧(50代以降) > 朝青龍明徳(あさしょうりゅうあきのり)68代

朝青龍明徳(あさしょうりゅうあきのり)68代

朝青龍(あさしょうりゅう)68代

朝青龍は、昭和55年9月27日生まれ、身長184cm、体重は148kg。

高砂部屋に所属するモンゴル国ウランバートル市出身の第68代横綱です。
本名はドルゴルスレン・ダグワドルジ、愛称はドルジ。

スポンサードリンク

朝青龍(あさしょうりゅう)68代

2001年に新入幕し、
翌年9月にモンゴル出身の力士として初めて大関に昇進。

同年11月場所、翌年1月場所に連続優勝して
場所後に第68代横綱に昇進しました。

そして2004年1月場所・3月場所で、
2場所連続全勝優勝(30連勝)。5月場所優勝。

7月場所も13勝2敗で優勝。

1996年の貴乃花以来である、4場所連続優勝を果たしました。

2005年11月場所では、2004年11月場所からの7場所連続優勝。

  2005年の年6場所全制覇、
  年間成績84勝6敗と、3つの記録を更新しました。

  過去には1966年の大鵬、1978年の北の湖、
  1986年の千代の富士の年5場所が最高でした。

年間記録は従来は1978年の北の湖の82勝8敗が最高。

2006年1月場所14日目大関栃東と星2つの差となり優勝が消滅、
朝青龍が持つ連覇記録は7で止まりました。

2007年1月場所において、14日目に大関栃東をつり出しで下し、
20度目の幕内最高優勝。

大鵬、北の湖、千代の富士、貴乃花に続く大台に到達、
また、20回以上の優勝は外国人力士では初の快挙でした。

翌3月場所は初日時天空、2日目雅山に連敗、
横綱昇進後初めての出来事でした。

しかしその後はその連敗を忘れさせるように連勝します。

その後千秋楽の優勝決定戦で白鵬と再戦しましたが、
この時は白鵬のはたき込みに敗れ、朝青龍は優勝を逃しました。

スポンサードリンク
       

当サイトについてと免責事項

  • 大相撲横綱 似顔絵図鑑は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
2007 copyright(c) 大相撲横綱 似顔絵図鑑 All Rights Reserved.