大相撲横綱 似顔絵図鑑大相撲決まり手一覧 > 決まり手−投げ手(13手)

決まり手−投げ手(13手)

上手投げ
下手投げ
小手投げ
掬い投げ
上手出し投げ
下手出し投げ
腰投げ
首投げ
一本背負い
二丁投げ
櫓投げ
掛け投げ
掴み投げ

スポンサードリンク

上手投げは、上手から相手の褌を引き、その上手から相手を投げる技です。

一般に、上手投げと下手投げで投げの打ち合いをした場合、
上手投げの方が有利といわれています。

下手投げは、差手で褌を引き、相手が寄ってくる際に差した方の足を基点として、
他の足を差手の方に大きく開きながら、差手をかえすようにして投げる技です。

小手投げは、相手の差手を「小手にまいて(褌を引きかずに抱え込んで)」、
相手の差手側の足を基点として、他の足を差手の方に大きく開きながら投げる技です。

掬い投げは、差手で褌を取らず、相手をすくうようにして投げる技です。
かつて横綱大鵬幸喜が得意としていました。

上手出し投げは、上手で相手の褌を取り、褌を取らないほうの足を引いて、
相手を引きずるように自分の前方に投げる技です。

下手出し投げは、差手で相手の褌を取り、褌を取らないほうの足を引いて、
相手を引きずるように自分の前方に投げる技です。

腰投げは、四つ相撲から相手の体を自分の腰に乗せて投げる技です。

首投げは、自分の腕で相手の首を巻き、相手を投げる技です。
攻め込まれた際の窮地の策として用いる場合が多いです。

一本背負いは、相手の懐に入って相手の片腕を両手で抱え、
肩に担いで自分の前方に投げ倒す大技です。

二丁投げは、自分の右(左)足を
相手の左(右)足の外側に当て、払うように投げる技です。

二丁とは二本の足のことで、柔道の大外刈りと似ています。

櫓投げは、相手を吊り上げながら膝で相手の内股を跳ね上げて投げる技です。

掛け投げは、片足を相手の内股に入れ、跳ね上げるように投げる技です。

掴み投げは、上手から褌を取り、その上手で自分の後方に相手を投げ捨てる技です。

スポンサードリンク
       

当サイトについてと免責事項

  • 大相撲横綱 似顔絵図鑑は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
2007 copyright(c) 大相撲横綱 似顔絵図鑑 All Rights Reserved.