大相撲横綱 似顔絵図鑑大相撲決まり手一覧 > 決まり手−捻り手(19手)

決まり手−捻り手(19手)

突き落とし(つきおとし)
巻き落とし(まきおとし)
とったり
逆とったり(さかとったり)
肩透かし(かたすかし)
外無双(そとむそう)
内無双(うちむそう)
頭捻り(ずぶねり)
上手捻り(うわてひねり)
下手捻り(したてひねり)
網打ち(あみうち)
鯖折り(さばおり)
波離間投げ(はりまなげ)
大逆手(おおさかて)
腕捻り(かいなひねり)
合掌捻り(がっしょうひねり)
徳利投げ(とっくりなげ)
首捻り(くびひねり)
小手捻り(こてひねり)

スポンサードリンク

突き落としは、片手を相手の腋に当て、斜め下に落とす技です。

巻き落としは、差手で相手の体を抱え、巻き込むように横に捻って倒す技です。

とったりは、相手の腕を両手で抱え、体を開いて相手をねじり倒す技です。

腕捻りとは体を開く方向が逆となります。

逆とったりは、相手がとったりで攻めてきた際、
抱えられた腕を抜きながら腰を捻って相手を倒す技です。

肩透かしは、差手を相手の腋に引っ掛け、体を開きながら前に引き、
もう一方の手で相手の肩を叩き、相手を倒す技です。

外無双は、自分の右(左)手で相手の右(左)足の膝の外側を払いながら、
相手の差手を抱えて捻り倒す技です。

10年に一度出るか出ないかといわれています。

内無双は、自分の上手で相手の足の膝の内側を掬い上げ、
体を捻って相手を倒す技です。

頭捻りは、相手の胸に頭をつけ、相手の差手か肘を掴み、
頭を軸に相手を捻り倒す技です。

上手捻りは、上手から褌を引き、
その上手の方から相手を捻って倒す技です。

下手捻りは、差手で褌を取り、
その下手の方から相手を捻って倒す技です。

網打ちは、両手で相手の差手を抱え、
体を開くと同時に相手を自分の後方へねじり倒す技です。

鯖折りは、褌を取って強く引き付け、上からのしかかるようにして
相手の膝を土俵に付かせる技です。

波離間投げは、相手が両差しで低く攻めてきたところを頭越しに上手から褌を両手で取り、
自分の後方にうっちゃりのように投げ捨てる技です。

播磨投げとも言われます。

大逆手は、自分の体は反らさずに、相手の肩越しに上手から褌を取り、
その取ったほうの手から相手を投げる技です。

腕捻りは、相手の片腕を両腕で抱え、その抱えた腕の方から相手を捻り倒す技です。
とったりとは体を開く方向が逆になります。

合掌捻りは、両掌で相手の頭をはさみつけ、右か左に捻り倒す技です。

徳利投げは、相手の頭を両手で挟みつけ、右か左に捻り倒す技です。

首捻りは、右(左)腕で相手の首を抱えて左(右)手で相手の差手を抱え、
首を抱えたの手の方に相手を捻り倒す技です。

小手捻りは、相手の片腕を抱え、抱えた腕の方へ相手を捻り倒す技です。

スポンサードリンク
       

当サイトについてと免責事項

  • 大相撲横綱 似顔絵図鑑は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
2007 copyright(c) 大相撲横綱 似顔絵図鑑 All Rights Reserved.