大相撲横綱 似顔絵図鑑大相撲用語集 > 蹲踞(そんきょ・そんこ)

蹲踞(そんきょ・そんこ)

蹲踞とは、爪先立ちで踵(かかと)の上に尻を載せて腰をおろし、
膝を開いて上体を起こした状態を指します。

スポンサードリンク

蹲踞は相手を敬う所作でもあり、二字口(東西の徳俵辺り)で蹲踞をし、
両手を前に出して手の平を打ち、左右に広げ手の平をかえすことを「塵を切る」といいます。

手の平をすり合わせて打つ所作は、まだ土俵ができていなかった時代、
雑草の露で手を清めたことに由来していて、「塵浄水」ともいいます。

スポンサードリンク
       

当サイトについてと免責事項

  • 大相撲横綱 似顔絵図鑑は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
2007 copyright(c) 大相撲横綱 似顔絵図鑑 All Rights Reserved.