大相撲横綱 似顔絵図鑑大相撲用語集 > 立合い(たちあい)

立合い(たちあい)

立合い(たちあい)とは、相撲において、両力士が蹲踞(そんきょ)の姿勢から
立ち上がって取組を開始する瞬間のことを言います。

普通は、蹲踞の姿勢から立ち上がり、両者目を合わせつつ腰を落とし、
上体を下げ、片手を着き、両者の合意の成立した時点で
もう片手をついてから相手にぶつかって行きます。

スポンサードリンク

「立合いで八割が決まる」といわれ、短期決戦が当たり前という勝負の性質上、
一度有利な状態を作られてしまった場合、それを挽回するのは非常に困難です。

現在では、土俵に2本の仕切り線が引かれ、
それより前で立ってはならないと定められています。

近年では、舞の海秀平の奇策を警戒して、
貴闘力忠茂が徳俵いっぱいまで下がって立合った逸話が有名です。

力士にもよりますが、立ち会い直後の動きとしては、
頭から当たる・かちあげる・張り手をする・突っ張りをする・四つに組みにいく・
相手の攻撃を見てかわす(変化)・相手の目の前で手を打って驚かせる(猫だまし)、
といった物が挙げられます。

スポンサードリンク
       

当サイトについてと免責事項

  • 大相撲横綱 似顔絵図鑑は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
2007 copyright(c) 大相撲横綱 似顔絵図鑑 All Rights Reserved.