大相撲横綱 似顔絵図鑑大相撲用語集 > 力水(ちからみず)

力水(ちからみず)

大相撲における儀式の一つで、力士が土俵に上がったときに
他の力士から渡される清めの水のことを言います。

神聖な土俵に上がる時に、身を清めるために使わています。

スポンサードリンク

水桶を白房下と赤房下の東西に1個づつ配置し、
水桶から柄杓(ひしゃく)で水を汲んで、これを力水とします。

力水をつけるのは前の取組で勝った力士で、
負けた力士はつけることができません。

勝った力士がいない場合には、次の取組の控え力士が力水をつけ、
次の取組の力士もいない場合には、土俵上に上がっている力士の付け人が力水をつけます。

この場合でも付け人なら誰でも良いというわけではなく、
当日の取組で勝った付け人のみが力水をつけることができます。

このとき、付け人は、浴衣を着て片肌脱ぎの装いをします。

付け人がいない場合、間に合わない場合には、
呼び出しが力水をつけることになります。

力水をつけた後は、力紙で口や顔の汗などを拭いて身を清める儀式を行います。
ひしゃくを使うようになったのは1941年からで、それ以前は杯を使用していました。

スポンサードリンク
       

当サイトについてと免責事項

  • 大相撲横綱 似顔絵図鑑は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
2007 copyright(c) 大相撲横綱 似顔絵図鑑 All Rights Reserved.