大相撲横綱 似顔絵図鑑大相撲用語集 > 横綱土俵入り(よこづなどひょういり)

横綱土俵入り(よこづなどひょういり)

横綱土俵入りとは、
大相撲の横綱が本場所の幕内取組前や巡業先などで行う土俵入りです。

横綱土俵入りは、
幕内の土俵入りが終わった後で太刀持と露払を従えて行います。

スポンサードリンク

土俵入りでは概ね、柏手を打ち、四股を踏み、
せり上がった後再び四股を踏みます。

四股を踏むときには観客から「よいしょ」と掛け声が飛びます。

横綱土俵入りの型には、10代横綱雲龍久吉と
11代横綱不知火光右衛門の型が伝えられたものがあり、
雲龍型と不知火型と言われています。

雲龍型とは、せり上がるときに左手を胸のあたりに当て右手を伸ばすもので、
攻守を兼ねた型といわれています。

平成以降に誕生した横綱では、曙太郎、貴乃花光司、
武蔵丸光洋、朝青龍明徳がこの雲竜型を選び、
過去にも多くの横綱が雲龍型を選択しています。

また昭和の大横綱と言われた双葉山定次、
大鵬幸喜、北の湖敏満、千代の富士貢らも全て雲龍型でした。

不知火型は、せり上がるときに両手を伸ばす型で、
攻撃型といわれています。

不知火型を選んだ横綱で、
過去に太刀山峯右エ門と羽黒山政司は横綱として長く活躍したものの、
吉葉山潤之輔(第43代)以降は短命に終わることが続いたためか不人気であまり見られません。

平成以降では旭富士正也、若乃花勝の二人が選びましたが、
いずれも2年足らずで引退しています。

また、琴櫻傑將と隆の里俊英は、横綱昇進当時既に30歳を過ぎていましたが、
後継者が少ない為にあえて不知火型を選んだとされています。

スポンサードリンク
       

当サイトについてと免責事項

  • 大相撲横綱 似顔絵図鑑は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
2007 copyright(c) 大相撲横綱 似顔絵図鑑 All Rights Reserved.